粉ミルク,残り 大人
粉ミルクと言えば、育児期間中の強い味方ですよね。

ですが、離乳食が始まったら、結局余らせてしまったなんてこともよくある話ですよね。

その粉ミルクの残り、皆さんはどう処理していますか?

中には、もったいないと粉ミルクの残りを大人が食べる料理に混ぜて使ったり、体に良さそうだからとコーヒーに混ぜて飲んだりする方もいるようです。

そこで粉ミルクの残りは、大人が飲んでも大丈夫なものなのかを調べてみました。

大人が粉ミルクの残りを飲んでも大丈夫なの?

本来粉ミルクは、母乳の補助食品として、赤ちゃんが成長していくために必要な栄養がたくさん含まれています。

赤ちゃんにとって体にいいものなんだから、大人がその残りを飲んでも支障はなさそうですよね。

基本的には、大人が飲んでも過剰に飲んだりしなければ、大きな問題はありません。

ただし、粉ミルクの残りを大人が飲むときには気をつけなければいけないこともあります。

どんなことに注意が必要なのかをみていきましょう。

大人が粉ミルクを飲む時に注意が必要なことって?

大人が粉ミルクの残りを飲んだりする時に注意が必要なこととは、お腹を下す可能性があるという点です。

赤ちゃんは普通に飲んでいるのに、大人が飲むと下痢になってしまう可能性があるのは、ある成分が関係しています。

その成分とはラクトースという「乳糖」です。

乳糖とはカルシウムや鉄分の吸収をサポートする成分で、赤ちゃんが成長していくためには必要な成分です。

そして、乳児の頃は体内で乳糖を分解することができます。

しかし、体が成長していくのにつれて、体内で乳糖を分解できる体質の人と、分解できない体質の人に分かれます。

そのため、体内で分解できない体質の大人が粉ミルクを飲むと、お腹を下してしまったりする可能性があるのです。

粉ミルクの残りを消化する程度であれば、大人が飲んでも大きな問題はありませんが、体質によっては、腹痛を引き起こしてしまったり下痢になってしまう可能性もあるので、1日に摂る量を気をつけてみてくださいね!

大人用の粉ミルクがあるって知ってた?

粉ミルクの残りに限らず、大人が健康のために粉ミルクを飲んでいるという声を受けて、雪印ビーンスタークが母乳研究の成果を活かして、大人のための粉ミルクサプリメントを開発しました。

それが「プラチナミルク」です。

プラチナミルクは目的別に3種類の商品が展開されています。

●チェック1;forバランス
300g(約15日分)/2,400円(税別)

日々の栄養をバランスよく補ってくれる粉ミルクで、コーヒーやヨーグルトに入れたり、シチューに混ぜたりして飲むことができます。

パッケージも、乳児用と同じ缶に入っています。

●チェック2:forパワー
8g×14本(14日分)/2,400円(税別)

筋力や体力の衰えを感じた時に使いたいサプリメントです。

抹茶味で飲みやすく、運動後のプロテイン代わりに飲むこともできます。

冷たい水にも溶けやすく、スティックタイプの個装で持ち運びにも便利です。

●チェック3:forビューティー
10g×14本(14日分)/2,400円(税別)

ビューティーはポタージュ味のスープなので、小腹が減った時に使うと丁度いいですよね。

ローヤルゼリーやコラーゲンペプチドといった、美容に魅力的な成分が豊富に含まれています。

●ポイント;期間限定で無料サンプルがもらえる
この大人用粉ミルクサプリメントのプラチナミルクは、公式のキャンペーンサイトから申し込みを行うと、forパワーとfofrビューティの2種類は無料で6回分のお試しサンプルをもらうことができます。

味が自分に合うかどうかを試せるのは嬉しい点ですよね。

大人用に開発されているので、乳糖による腹痛や下痢の心配もありません。

粉ミルクを健康のために飲んでいる方は、ぜひ大人用の粉ミルクに変更してみませんか?